ナゴカンPickUp14【看板によるフェンスの損傷】

【看板によるフェンスの損傷】

街中で、案内板のある駐車場をよく見かけます。

今回お話を頂いた駐車場は、
木枠のついた看板がついていたらしく、
その看板の長さが6メートルほどあったみたいです。

6メートルの看板で木枠がついているとなると、
総重量は凄いことになります。

経年劣化でフェンスの根元が錆びてきたタイミングで、
看板が強風に煽られてフェンスの一部が折れてしまったみたいです。

フェンスの根元のさび付いた部分が割れて、
フェンスが傾いてしまっています。

今回台風の影響でフェンスが壊れてしまい、
看板も取れてしまったという事でご連絡を頂きました。

フェンスの修理をしてから看板を軽いものに変えてご提案させて頂きます。

昔に作った木枠つきの看板は、

・重い
・雨で腐食が始まっている

可能性があるので注意が必要です。

名古屋の看板屋さんナゴカン.comでは枠が必要ような場所であればアルミ枠でのご提案や、
枠無しのご提案もご予算や状況に合わせて選択肢に入れてご提案させて頂いています。

ナゴカン.comでは看板の新規製作だけでなく、
古くなった看板の建て替え・撤去も承っています。

是非お気軽にご連絡下さい。

《看板撤去の様子 は コチラ

名古屋の看板なら是非、ご相談ください。

《ナゴカン.comのデザイン提案の仕方はコチラ

ナゴカン.com
名古屋市名東区社が丘1-413-105
TEL:052-734-4422
担当者直通:090-5850-1534(担当:田中)