看板の効果的な設置場所を考察

【広告看板の効果的な設置場所】

【看板の広告力】

看板の広告によって誘致され、
そのサービスを利用するに至った経験を、消費者サイドから考察し、
どの様なケースが広告力のある看板であったのか紹介していきたいと思います。

「目につきやすい場所」の看板設置例として、

《通勤電車から見える位置》

電車が走行速度を落とす駅の少し手前の建物等、
もしくは駅内、線路沿いの位置に設置されている看板、
そして駅内で階段を下りていく時に必ず目に入る場所に設置されている看板は、
刷りこみのようにその情報を人々に認識させる効果があると言えます。

例えば、
「虫歯になってしまった。会社帰りに、どこか通うのに便利な歯医者は・・・」
と歯医者にかかる必要ができた時に、毎日見ている駅の広告看板の
「●●駅南口からスグ 平日10:00~19:00 〇〇歯科」
という情報が頭の中にフラッシュバックされます。

読む気が無くても、看板に大きな字ではっきりと書かれた簡潔な情報は、
毎日目に飛び込んでくる為、否応なく記憶してしまうものなのです。

視覚伝達情報としての効果的な書き方を考える事も、
設置場所を選んだ上で大切なポイントです。

また、当たり前の事ですが、
不快感を与える様な書き方では無く、
好感を持てるイメージを持ってもらえれば、
親しみをもって記憶される事になるでしょう。

看板設置には様々な角度から可能性を検証することも大切です。
ご予算に合った中で最善の看板施工を一緒に模索していきましょう。

名古屋の看板なら是非、
名古屋市名東区にあります看板屋さん『ナゴカン.COM』までご相談ください。

ナゴカン.com
名古屋市名東区社が丘1-413-105
TEL:052-734-4422
担当者直通:090-5850-1534(担当:田中)