看板戦略の違い

【海外と日本の看板広告の違い】

【海外の看板広告】

海外の看板広告と日本の看板広告の使い方には、非常に違いがあります。

海外の看板広告を見たことがある方は、
その違いに簡単に気づくことができるかもしれません。

その違いとは、『コミニュケーションの速度』にあります。

日本の看板広告はというとどうしてもベネフィットだったり、
マーケティングであったりと、データに引っ張られている部分が感じられます。

《ベネフィットとは》

お客さんが商品から得られるメリットです。
もっと具体的に説明をすると、現状に抱える問題や課題に対しての解決策です。

日本の看板広告はこういったものを表現する傾向にあると言われています。

日本には、もともと保守的な考え方の人も多いので、
どうしてもお金が多くかかってしまう看板広告に慎重になってしまうのだと思います。

そこですぐに結果に繋がるような内容の看板を設置する事が多くなっているのです。

それも正しい戦略ですが、海外の看板広告とは別方向に進んでいます。

海外ではよりインパクトやユーモアが求められる傾向にあり、
枠からはみ出していたりと非常にダイナミックな表現を行っています。

 

有名な車メーカーや飲料生産会社はもちろん、
清掃会社までもがその様な広告戦略を取っているのです。

それらは一目見てその商品サービスがわかる、ストレートな表現が多く、
ここが大きく日本人との考えの違いであると思います。
広告といえど文化的な側面があるのだというのがわかります。

それでは、今後も同じような事が続いていくのでしょうか?

SNSによる拡散も相まって、
インパクトやユニークな看板や、面白く分かりやすい広告が、
どんどん日本国内でも多くなっていくかもしれません。

SNSの拡散力というのは非常に広告宣伝のチカラになります。
これを活用する手はないという考え方が日本の企業にも広がっています。

ありきたりな看板ではなく、
見る人にインパクトを与えるよう看板を設置してみても良いかもしれませんね。

名古屋の看板なら是非、ご相談ください。

ナゴカン.com
名古屋市名東区社が丘1-413-105
TEL:052-734-4422
10:00~19:00
担当者直通:090-5850-1534(担当:田中)