古くなった看板の注意点

【古い看板の注意点】

【劣化した看板】

かなり長い間掲載されている看板は、劣化している可能性が高まっており、
そのままにしていると外れてしまったり、取り付けている部分が劣化し壊れてしまいます。

先日もアイドルの方が道を歩いていて強風に煽られて倒れた看板に挟まれてしまい、
下半身不随になってしまったというニュースが話題になりましたよね。

街中には古くなってしまっている看板が外れそうになっているところも多々あり、
こうした状況になった場合は看板を交換しなければなりません。

ある程度古くなっていて、このまま配置していると危ないと思われている場合には、
看板のリニューアルを考えていくことが必要になってきます。

【看板の劣化】

看板の多くは、どれくらいなら問題なく設置できるか説明されている場合もあります。

しっかりと取り付けられた新しい看板はそう簡単に壊れたりすることもありませんが、
古いものは雨などによって錆が生じてきて、どんどん裏側が劣化していくのです。

経年劣化していく部分が多くなって、取り付けているところが弱くなってくると、
ちょっとした衝撃や風によって壊れてしまう場合があります。

かなり劣化が激しい場合には、看板自体の交換も考えてください。

看板を作り替えるのは費用もかかり躊躇してしまうのもわかりますが、
劣化している以上は新しいものを設置したほうが安心できます。

取り付けている看板が外れてしまうなど、逆にイメージを悪くする状況は避けたいところですから、
現時点で付けている看板の状態も定期的に見ておきたいところです。

通行人にけがをさせてしまっては遅いですよね。

【既存看板の貼替え】

逆に、しっかりした既存看板が残っている場合は、
盤面の貼替えで対応する事が出来ます。

《壁面看板 名古屋市名東区 宝石のエンジェル様 既存看板の貼替え実績は コチラ

《袖看板 名古屋市西区 伊藤治療院様 既存看板の貼替え実績は コチラ

《自立看板 名古屋市天白区 フェデル様 既存看板の貼替え実績は コチラ

既存看板を貼替える事で、ご予算を抑える事が出来ます。
しかし、盤面の劣化が激しい場合や、盤面がひどく割れてしまっている場合には、
盤面だけ変えなければいけないケースもあります。

盤面の出力シートやカッティングをキレイに剥がして掃除することで、
盤面をそのまま再利用出来ることもありますのでまずはお気軽にご連絡下さい。
※経年劣化によるシートの劣化具合によっては再利用できない場合も御座います

名古屋の看板なら是非、名東区にある看板屋さん『ナゴカン.COM』ご相談ください。

ナゴカン.com
名古屋市名東区社が丘1-413-105
TEL:052-734-4422
10:00~19:00
担当者直通:090-5850-1534(担当:田中)