看板デザインの注意点

【看板デザインの注意点】

【看板製作時の悩み】

看板を設置するとなったときに、どんなデザインにするかは悩みどころだと思います。
せっかく作成しても、デザインが悪いとメッセージが伝わらずに集客などの目的を果たせないかもしれません。

優れたデザインの看板は、興味をひき、人に購買などの行動を起こさせます。

ではどうすればデザイン的に優れた看板になるかについて、名古屋市近郊に数々の看板を施工してきた
名古屋市名東区にある看板屋さん『ナゴカン.com』がコツを解説させていただきます。

看板設置を検討されている方は是非参考にして下さい。

【ナゴカン.comのデザイン提案の仕方はコチラ

(看板デザインの重要性は コチラ)

 

《看板で伝えることを具体化する》

その看板を作ることで、どんなメッセージや雰囲気を伝えるのかをしっかりと具体化する必要があります。
看板全体のレイアウトや色使いにも関わってくるので、
曖昧にせずに言語化することで、良いデザインになります。

(名古屋市中川区 介護施設様 壁面看板製作実績は コチラ)

今回の壁面看板は、シンプルな文字看板に、盤面の色は目立つようにオレンジを使用しました。
デザインを複雑にするのではなく、伝えたいことをシンプルに伝える看板になっております。

《設置する場所をリサーチする》

看板はどのような場所に置かれるかによって、デザインを変えなければいけません。
周囲の色合いと似ていたり、近くに同じような看板がある状況では、
いくら見た目のよい看板を作っても目立たなくなってしまいます。
看板の中身だけでなく、その外側にも気を配る必要があります。

 

《配色を大事にする》

デザイン的に優れた看板を作るうえで、配色はとくに重要な要素になります。
あまり色を使いすぎてもカッコよくはなりません。

情報だけでなく雰囲気も伝えるので、
お店のカラーや空気を表現する色も盛り込めると効果的になります。
その色などをメインカラーなどで使いつつ、
その色と相性の良い色を組み合わせることでバランスの取れた配色になります。

(業種ごとのカラー配色のポイントはコチラ)

(名古屋市昭和区養和堂さんの壁面看板の制作実績は コチラ)

名古屋市昭和区にある中国整体養和堂さんは、もともと看板の設置があった場所への、
看板リニューアルのご要望でした。

長年の歴史と実績がある養和堂さんの『歴史』を感じさせながらも、
新規の方が入りやすい見た目のデザインに意識した看板デザインに仕上げました。

昭和区の大通り沿いに店舗を構えながら、施設の中が見えにくい外観と、
新規の方が入りにくいイメージを払拭することが出来たと思います。

看板の配色でお店のイメージを変える事が出来た良い例だと思います。

(名古屋市昭和区養和堂さんの壁面看板の制作実績は コチラ)

《文字のフォントをふさわしいものにする》

また文字のフォントも大切です。
同じ文字でもフォントによって、かなり印象や読みやすさは異なります。
お店の親しみやすさを伝えるなら丸みのあるフォントを利用するなど、
フォントを工夫することで看板を見た人に、より正確に情報が伝わります。

 

 

今回は名古屋市名東区にある看板屋さん『ナゴカン.com』が、
デザイン的に優れた看板を作る際の注意点について説明させていただきました。

看板はコストがかかってしまうので、
作成するのであればしっかりとした費用対効果を期待したいところですよね。

看板の目的によってデザインも変化しますが、
今回あげたポイントは普遍的なところです。

看板の設置をご検討の方は是非参考にしていただきたいです。

【ナゴカン.comのデザイン提案の仕方はコチラ

(看板デザインの重要性は コチラ)

名古屋近郊で看板の設置やリニューアルをお考えなら、
是非お気軽にご相談ください。

 

名古屋市名東区にある看板屋さん
ナゴカン.com
名古屋市名東区社が丘1-413-105
TEL:052-734-4422
担当者直通:090-5850-1534(担当:田中)