看板のカラー配色

【人を惹きつける看板】の効果的なカラーと配色

【人を惹きつけ呼び込む】

看板は集客のためのツールなので、
人を惹きつけ呼び込むような看板を作らなければ意味がありません。

そして、集客に繋げるために、効果的な配色のパターンがあります。

と言ってもすべてのお店に効果的な万能の色は存在しません。
お店の業種や客層・イメージに合う効果的な色を看板に使用するようにしましょう。

《飲食店の場合》

看板に使用して効果が高いといわれる色は、
赤・オレンジ・黄色のような暖色系です。

なぜ暖色系が良いのかというと、
暖色系は寒色系よりも「美味しそう」に見える効果があるからです。

緑色のサラダに、
トマトやパプリカなどの赤い色を加えるだけでより美味しそうに見えるように、
暖色系の色には食欲を増進させる効果があります。

飲食店の看板はまず「美味しそう」と思ってもらわなければ入店に繋がりませんので、
意識的に暖色系を取り入れるようにしましょう。

《歯医者・クリニック・医院などの場合》

一般的には、クリーンで清潔感のあるイメージを持つ青と白を掛け合わせて使用することが効果的といわれています。

青色は、空・海の色なので万人に人気が高く、
また心を落ち着ける沈静効果や信頼感のイメージがあります。

しかし、基本の青&白と逆の配色のほうが効果的なお店もあります。

《こども向けのクリニックや、明るく元気なイメージのクイックマッサージの場合》

逆に暖色系を使うことで看板の効果が上がります。
暖色系は太陽の色で、明るく健康的で親しみやすいイメージがあります。

先ほどの青色は、信頼感のイメージがある半面、
近寄りがたく値段が高そうというイメージも含んでいるんです。

なので、親しみやすく気軽に通ってほしいお店の場合は、
暖色系を使用した看板が効果的ということになります。

【お店のイメージを決定させる配色の重要性】

ここまで説明してきたように、
看板の配色で、看板を見たお客さんのお店のイメージが決まります。

逆に言うと、どういうお店だと思ってもらいたいかということをはっきりさせることで、
看板に最適な配色・カラーが決まってきます。

まずは自社のブランディングをしっかりと行い、
看板に使用する色を決めていきましょう。

名古屋市名東区にある看板屋さん、『ナゴカン.com』では客観的に御社のイメージを分析し、
ターゲットに向けてどのような色を使用すべきか考慮したご提案をさせて頂きます。

名古屋近郊で看板の設置やリニューアルをお考えなら、
是非お気軽にご相談ください。

 

名古屋市名東区にある看板屋さん
ナゴカン.com
名古屋市名東区社が丘1-413-105
TEL:052-734-4422
担当者直通:090-5850-1534(担当:田中)