【看板制作の意図】ターゲットに訴えかけ集客アップ

【看板は、目に留まらなければ意味がありません】

名古屋市には、顔をあげてみると看板がたくさんあります。
あなたが住んでいる街はどうでしょうか?

わたしたち名古屋市名東区にある看板屋さん『ナゴカン.com』では、
会社周りの名東区だったり名古屋市内以外にも岐阜県・三重県などからお問い合わせを頂き、
今まで数々の看板の施工を行ってきました。

制作実績は コチラ

残念なことに現在街中にある既存の看板の中には、
街中の環境に溶け込んでしまっている看板が多く見られる事も事実です。

看板を広告媒体としてうまく使っていくには、
顧客になるであろうターゲット層の目に止まらなければ意味がありません。

【看板を見た人が「えっ?」と感情が動くものであることが大切です】

わたしたち名古屋市名東区にある看板屋さん『ナゴカン.com』では、

『色使い』
であったり、
キャッチコピーの面白さ』など、

目を止めるためのアイキャッチ』
をどうするかということを考えご提案をさせて頂いています。

それから、名古屋市名東区にある看板屋さん『ナゴカン.com』では、
看板を設置する際に気を付ける事があります。

それは、なるべくターゲットの視線に合わせた位置に、看板を設置することです。

例えば、お菓子屋さんやおもちゃ売り場の場合は、子供の目線に合わせた看板を設置することで、
アクションを起こさせて、集客をアップさせることができます。

(名古屋市昭和区八事駅近くにある『英才教育のギルフォード様』の壁面看板施工実績 はコチラ)

『英才教育のギルフォード様』は、名古屋市昭和区八事駅近くの裏道にお店を構え、
軽い坂道を登ってくる人の目線の先に看板を施工させて頂きました。

歩く人の目線に看板を施工した事と、
周囲に無い色使いの看板になった事で通りを歩く人が必ず目をやる看板になりました。

このうように、ターゲットを意識した看板デザインは大切です。

高齢者向けの整体や補聴器などの看板の文字は、大きく見やすくし、
若い人向けの看板には分かりやすい言葉でアピールするといった工夫をすることで、
ターゲットの目に留まりやすくすることが可能となります。

想定したターゲットに訴えかける内容でなければなりません。

【屋外看板は、地域・エリアを活かした告知に有効な広告メディアです】

屋外看板は『特定の地域内で情報発信をすること』には大変有効な広告メディアです。

例えば、ビルの上など離れた場所にある看板は、
ある地点に誘導するための看板ではなく、看板が目に入った人の感情に訴えるための看板です。

そのため、『感覚的・直観的な内容』で、ビジュアル的な表現をしたものが効果的です。
また、このタイプの看板は、
大型であればあるほど、ダイナミックで迫力を出すことができます。

名古屋近郊で看板の設置やリニューアルをお考えなら、
是非お気軽にご相談ください。

名古屋市名東区にある看板屋さん
ナゴカン.com
名古屋市名東区社が丘1-413-105
TEL:052-734-4422
担当者直通:090-5850-1534(担当:田中)